なぜ納豆は腸内環境には良いのか

なぜ納豆は腸内環境には良いのか

私は、昔から納豆が好きですね。納豆の微妙な味わいは、私に上手くマッチしているようです。
ところでその納豆は、腸内環境を整えるためにはとても大切な役割を果たしています。主に2つの意味合いで、納豆が活躍をしてくれているようですね。

 

乳酸菌のエネルギーになってくれる納豆

 

まず1つ目の役割なのですが、乳酸菌のエネルギーです。
乳酸菌も生きていますので、生存し続けるためには何らかのエネルギーを補給してあげる必要があります。その方法の1つが、オリゴ糖なのですね。その糖は、主に豆類などに多く含まれていると言われています。

 

そして納豆は、明らかに豆類ですね。ですので乳酸菌を摂取すると共に納豆を摂取するようにすれば、かなり腸内で活躍をしてくれると思います。それが腸内環境の改善にもつながりますので、納豆は非常に良い食品なのですね。

 

納豆がお腹の中で生息している悪玉菌を減らしてくれる

 

それと納豆にはもう1つ大切な働きがあって、腸内に生息している悪玉菌に対する影響です。実は納豆に含まれているある成分は、お腹の中で悪玉が増えるのを防いでくれるのだそうです。

 

お腹で悪玉菌が減ってくれれば、腸内の環境は明らかに良くなります。それが減ってくれれば、今度はお腹の中に生息している日和見菌が善玉菌に変化してくれるからです。善玉菌はお腹に対してポジティブな役割を果たしていますので、やはり納豆を摂取するのは大切なのですね。

 

ですのでお腹の調子が余り良くないと考えているような時は、ちょっと納豆を積極的に摂取してみると良いでしょう。ちなみに私は、最近お腹の具合がとても良いですね。ここ最近は納豆を積極的に摂取していますが、恐らくそれが功を奏してくれたのではないかと推理しています。